1. わたしの自動車教習所TOP > 
  2. 自動車教習所に関するおすすめ記事 > 
  3. 運転免許の試験 / 講習 >
  4. 運転免許取得のための難関!学科試験に受けるためのコツとは

運転免許取得のための難関!学科試験に受けるためのコツとは

仮免学科試験合格にはコツが必要


仮免学科試験は路上で自動車運転を行うために必要な知識を身につけているかを確かめるものです。
交通ルールや自動車運転に関しての基本的な問題が出題されます。

仮免学科試験では試験時間30分で50問の文章問題を解かないといけないのが厄介な点です。
問題はすべて〇×式で簡単であると思う方もいるものの、ひっかけ問題が多く、コツを掴めていないと合格するのは難しいです。
仮免学科試験の合格率はおよそ9割であるものの、何度も落ちてしまう方も少なくありません。
大切となるのは仮免学科試験の予想問題を複数回こなしていき、慣れていくことです。
ある程度出題されるところは決まっているため、基礎的な知識をしっかり頭に入れたうえで挑むのが望ましいといえます。

特に注目すべきは多くの方が間違えてしまう問題を間違えないようにすることです。
信号の意味、似段階右折、追い越し、紛らわしい標識などを練習問題で繰り返し解答していき、間違えないようにしましょう。
何度も問題をこなすことで、出やすい分野も次第に分かっていくはずです。
一般常識の問題もあるものの、普通に考えれば分かるものばかりです。

しかし、しっかり取りこぼさないように問題分を読むようにしましょう。
さらに、「全ての」「必ず~」といった表現の問題文は回答者を間違えさせようとしている場合が多いです。
一見何も考えることがないように思えても、実はひっかけ問題であることも少なくありません。

仮免学科試験合格のために勉強をしていくにあたって市販されているテキストを購入しての勉強が基本であるものの、試験問題集のアプリをダウンロードするのもひとつの方法です。

学科試験対策は学習アプリで行う


仮免学科試験対策は教習所のテキストを読み込む、あるいは想定問題を繰り返し解いていくのが基本です。
しかし、今の時代においてはスマートフォンやタブレットを持っているのが当たり前であり、いつでも気軽に学習アプリで勉強ができます。

アプリによってどういった特徴があるのかは変わっていきます。
自分が何を勉強すべきかによって変えるのが望ましいです。
とにかく問題を解くに適したアプリを利用すれば、勉強内容ごとに出題ジャンルが分かれているため、隙間時間を利用して問題を解けるとともに、解説も読めるのが大きいです。
道路標識を覚えるのが苦手である方は標識の意味を◯×で答えられるアプリを利用するのがよいでしょう。
シンプルでありながらも効果的に道路標識の意味を理解していけます。
また、道路標識についてパズルやクイズで勉強できるゲーム感覚で楽しめるアプリもあります。

学科試験問題を解くための勉強に費やせる時間は人それぞれ異なるものの、隙間時間を有効活用した方がよいのは間違いありません。
通勤や通学、休憩時間などの隙間時間に勉強ができるように学習アプリをダウンロードしておいた方がよいといえます。

効果測定に合格しておく意味


仮免学科試験の模擬テストである効果測定は仮免学科試験の前および本免学科試験の前には必ず受けないといけません。
効果測定に合格をしないと仮免学科試験の受験資格が認められないです。
そして、効果測定は実際の試験と同じ方式で行われるため、自分の今の実力を知るのにうってつけの機会になるでしょう。
受験をした後にはその場で答え合わせを行うため、自分の苦手なところの傾向をしっかりつかむことができます。

学科試験は何度でも再受験ができるものの、時間と費用が無駄になってしまうため、できるだけ一発で合格することを目指すべきです。
効果的に勉強をしていけば合格できないということはなく、反復練習を繰り返して対応していきましょう。

TOPICS
お知らせ

  • 免許をとった後のこと。
  • 免許取得までの道のり
  • 教習所・自動車学校の費用について
  • 4コマ漫画(歴史×教習所)
  • こんな○○は嫌だ!
  • ドライブ・車中BGMなど
  • 自動車免許の雑学
  • 運転免許の試験 / 講習
  • 教習所 / 自動車学校
  • 車・バイクの歴史一覧
  • 新着情報
  • その他